坂本龍馬建立イメージ

浦賀 愛宕山「幕末・維新(龍馬)歴史記念公園」計画地より、坂本龍馬像(東京湾口を望む)建立イメージ図

意見広告


クリックして拡大

龍馬像構造図・一般図

クリックして拡大
「無断コピー、転載を禁止します」著作権者 日本龍馬会

日本龍馬会は、平成15年4月に、唯一坂本龍馬の親族代表から全権委任状を頂いて活動している団体です。

田中英雄会長の父親 田中友一氏(故人・総理官邸勤務)の紹介

田中友一氏は、近衛将校の兵役後、総理官邸に35年間(近衛総理~田中総理まで18人)総理大臣官房として、幕末・維新に匹敵する、日本の激動の時代に勤務しました。
終戦時の、昭和20年8月15日は、総理官邸で「近代歴史の目撃者」として、日本の歴史的な瞬間に立会いました。」父親から、日本の歴代最高指導者の実像を、直に聞いたことが、田中会長が、龍馬事業を立ち上げる、大きな理由の1つです。
ちなみに8月15日の終戦時の状況は、日本のいちばん長い日(松竹映画)に再現されています。

歴代18人の「総理大臣」に仕えました

  • 戦前
  • ・近衛文麿(貴族院議長、司法・農林大臣)
  • ・平沼騏一郎(内務・司法大臣、大審院長、検事総長)
  • ・阿部信行(外務大臣、朝鮮総督、陸軍大将)
  • ・米内光政(海軍大臣、海軍大将)
  • ・東條英機(陸軍・商工・文部・外務・内務大臣)
  • ・小磯國昭(陸軍大将)
  • ・鈴木貫太郎(枢密院議長、海軍大将)

  • 「終戦」
  • 戦後
  • ・東久邇宮稔彦王(貴族院議員、陸軍大臣、陸軍大将)
  • ・幣原喜重郎(外務大臣、外務官僚)
  • ・吉田茂(英国大使、外務・農林大臣)
  • ・片山哲(逓信大臣、弁護士)
  • ・芦田均(厚生・外務大臣、大使館参事官)
  • ・鳩山一郎(文部大臣、書記官長、弁護士)
  • ・石橋湛山(郵政・通産・大蔵大臣)
  • ・岸信介(外務・商工大臣)
  • ・池田勇人(大蔵・通産大臣、大蔵事務次官)
  • ・佐藤栄作(通産・大蔵・建設大臣)
  • ・田中角栄(通産・大蔵・郵政大臣、中央工学校校長、陸軍上等兵)

米国ペリー提督の黒船4隻来航図

黒船旗艦は、当時日本最大の千石船(100t)25倍の蒸気船(大砲武装・海兵隊1200名)が、
1853年 浦賀沖に突如出現し、強談判に、幕府・各藩・日本全体が衝撃をうけ、
翌1854年 ペリー提督は10隻の軍艦で再来航、不平等「日米和親条約」が 締結され、日本は開国する!!

幕末・維新の志士たち

  • 他展示本参照
  • 坂本龍馬
  • 西郷隆盛
  • 大久保利通
  • 高杉晋作
  • 桂小五郎
  • 中岡慎太郎
  • 後藤象二郎

最新ニュース

愛宕山 幕末・維新(龍馬)歴史記念公園

日本龍馬会「愛宕山 幕末・維新(龍馬)歴史記念公園」計画地より、浦賀湾口(米国ペリー提督の黒船来航地)、 東京湾口、房総半島を一望する。
2015年 NHK 大河ドラマ「花燃ゆ」紀行に、(社)日本龍馬会の「坂本龍馬像建立用地」からの、浦賀湾口(ペリー提督の黒船来航地)パノラマ映像他が、吉田松陰と妹「文」をはじめ、物語に登場する人物に縁の有る場所として、1月18日(日)、24日(土)に放映されました。

幕末、吉田松陰は浦賀に来航した、ペリー提督の黒船を見て、 密航してでも外国の実情を知りたいと、決行した。
彼の信念「かくすれば、かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」を後世に残す。
左 ペリー黒船の旗艦 サスケハナ号 、右 米国ペリー提督の 黒船4隻 浦賀来航 幕末絵図 (原本は当会支援者所蔵)